IPOの支援には必ず役立つ!~IPO支援会社まとめ~

Home > IPOの支援について > IPOとは何か、そのメリットと支援サービス

IPOとは何か、そのメリットと支援サービス

IPOとは株式上場のことあり、資金調達が容易になるなどのメリットがあります。
上場によって、多くの資金を集めることが可能となり、より大きな事業展開を図ることが可能となります。
さらに資金調達の目的意外で、株式公開をすることで得られるメリットを見ていきます。
一般社会への知名度及び信用度が向上しますので、事業を拡大する上での助けとなります。
公募増資の際には、資金調達がしやすくなります。
また、社会的なステータスが向上することで、社員のモチベーションが向上するなどの副次的な効果があります。
一方、IPOを行なうために必要な支援を行なうサービスがあります。
株式会社が上場するためには、様々な条件をクリアしなければならず、専門的なアドバイスが必要となるからです。
株式上場とは、非上場の会社が自社の株式を証券取引所に新規で上場することです。
株式公開をすることを、IPO(Initial Public Offering)と呼びます。



IPO(株式上場)支援業務とは

IPOとは株式上場のことであり、企業が株式公開することで、市場から事業資金を調達するために行います。
上場のための準備には、組織の管理体制や会計方式を見直す作業や、上場のために必要な書類の作成など、やるべきことが膨大なものとなります。
円滑に作業を推進するためには、専門的な知識や実務能力が要求されるとともに、作業結果の質が求められます。
経験がない者が、付け焼き刃で対応できるものはでありません。
そこで、専門的なアドバイザーから適切な支援を受けながら、組織的に内部管理システムを再構築していく作業が重要なポイントとなります。
例えば、社内規定、会計制度など上場企業に必須の対象を整備していきます。
社内規定を見直すことで、業務の引き継ぎや穴埋めなど、人的要素に左右されない業務の標準化を推進していきます。
また、会計システムを構築することも重要な要素となります。



IPOの支援業務における会計士の意義

証券取引所に会社が上場するということは、株式公開(IPO)を実施することです。
市場から資金を調達することで、事業拡大の原動力となります。
社会的な信用度が向上しますので、健全な経営をする企業として認められることになります。
上場をするためには、組織の管理体制や社内規定を策定し、運用していかなければなりません。
上場をするために必要な申請書類の作成は、専門的な内容となりますので専門家に委託して作業を進めることがほとんどです。
また、会計制度を整備して財務諸表を公開出来る体制を作りあげることで、社会的にも信用されうようになります。
一度、決めてしまった会計制度は、正当な理由なしには変更することはできませんので、あらかじめ専門家である会計士の意見を参考にしながら策定していくと良いでしょう。
IPOの支援業務に依頼することで、会計に関する方針を決める際の助けとなります。

次の記事へ